お使いのクルマの情報を変更した場合はETC車載器の再セットアップが必要です。

車両とETC車載器の情報は常に一致しなければなりません!

ETC車載器の情報 利用車両の情報

再セットアップの方法

ご注意ください

参考:ETCシステム利用規程第4条第3項
車載器の取扱いについて(抜粋)
車載器を取得した者は、車載器の取り付けられた自動車のナンバープレート(自動車登録番号標及び車両番号標をいいます。)が変更になった場合、車載器の取り付けられた自動車をけん引できる構造に改造した場合、車載器を他の自動車に付け換えた場合等セットアップされている情報に変更が生じた場合には、再度セットアップしなければいけません。

再セットアップが必要な場合

①ETC車載器の取り付けられた車両のナンバープレート(自動車登録番号標及び車両番号標)が変更
になった場合

●引越し等により登録変更をされた場合
●希望ナンバー制を利用されてナンバーを変更された場合
●ETC車載器の付いた中古車の購入又は譲渡を受けた場合
●車両の用途変更等によりナンバーが変更になった場合 等

変更

②ETC車載器を他の車両に付け替えた場合等 セットアップされている情報に変更が生じた場合

●車両を買い換えられる際に、
 旧車両に設置されていたETC車載器を取り外し、
 新しい車両に取り付けされた場合
●この他にもセットアップ情報に変更が
 生じた場合

同じ車種であっても、セットアップ情報に変更が生じますので、必ず再セットアップをしてください。

③ETC車載器の取り付けられた車両をけん引できる構造に変更した場合

●ETC車載器を取り付けられた車両にけん引装置を設置された場合
再セットアップを行わずにけん引した場合には、
開閉バーが開きませんのでご留意ください。

※被けん引車の車軸数が2以上の車両で隣接する車軸間距離が1m未満
の場合は、通行料金の請求を受ける料金所で、係員のいるレーンで、
一旦停止して係員にETCカードを手渡ししてください。

けん引装置の取付け

正しくセットアップ及び再セットアップを行なっていない場合・正規なETCの利用とならず、開閉バーが開かない可能性があります。・正しい通行料金が請求されない場合があります。・ETC利用照会サービスなど、一部ETCサービスがご利用いただけません。・各種ETC割引が適用されない場合があります。(時間帯割引等)

ポスター画像

●ポスターをご覧いただけます。
「お使いのクルマの情報を変更した場合はETC車載器の再セットアップが必要です。」

PDFはこちら